『神楽』カード情報 その2!

今日は久々にジリジリとした暑さでしたね・・・。
予報では明日雨らしいですけど・・・涼しくなればいいなあ。

バタバタしてて夜分遅くの更新スイマセン!
こんばんは、広報担当七輪です。

 

今日も神楽のカードを紹介していこうと思います!

まずはこのカード!

27

スペルカード
入魔「ゾウフォルゥモォ」 霍青娥
黒5コスト  種族:仙人
パワー3000
妖霊玉

■スペル・ダイブ-EASY 自分のスペルカード1枚の下に置いてもよい。
▽ダイブしているスペルカードが破壊された時、このスペルカードをバトルゾーンに置いてもよい。
■このスペルカードをバトルゾーンに出した時、または、自分のターンの終わりに、アンアクティブしてもよい。
■このスペルカードがアンアクティブ状態の時、相手プレイヤーは可能であればこのスペルカードを攻撃する。
二篇「夏鏡粋月」に収録されている封獣ぬえの《鵺符「鵺的スネークショー」》のような自分への攻撃を強制する能力を持っています。
相手の攻撃を止めるブロッカー能力ではないので、バトルするスペルカードは選べませんが、
アンアクティブ状態にしておくことで相手の攻撃を「釣る」事ができ、相手のバトルゾーンにあるスペルカードが
パワー3000未満ならば一方的に討ち取ることもできます。
そしてなによりも注目したいのは 新キーワード『スペル・ダイブ-EASY』。

 

この『スペル・ダイブ-EASY』はドライブスペルとは違い、普通に”召喚”することが可能で、
ドライブなどのようにキャラクターの指定なども無しにスペルカードの下に置く事が出来ます。
基本設計としてはスペルカードに文字通りダイブ(潜る)することで自分のスペルカードに
能力を付与するというものです。

ドライブは文字通りスペルカードに「乗っかって」さらに強い能力を発揮する、
という設計ですが、ダイブはこちらはスペルカードの中に潜むことでチャンスを伺う、という
イメージです。もともとは一篇の前にドライブの設計を考えていた頃、各難易度毎に
どうやってEASYを演出しようかと考えていた頃にデザインされたものだそうです。
長らく温存してあったんですねw

 

さらに、今回のダイブスペルはダイブしているスペルカードが破壊された時
場に置く、という能力を持ち、相手の除去などに対して一度だけですが、ケアしながら
運用することも可能です。

即座に能力を使いたい場合は召喚、自分のスペルカードを強化したり、
除去に対して睨みを利かせたい場合はダイブ、と二通りの使い方が可能です。
基本的にはダイブしたほうがリターンは高いですが、バウンスなどに対しては
あまり耐性がないので、そのあたりはドライブに近いギミックではありますね。
今までちらちらとあった「スペルカードの下に置く」などの能力が生きてくるかも知れないですね。

ダイブに関してはEASYに何らかの方法であとからスペルを重ねたり、
すでにドライブしているスペルカードにダイブしても能力を発揮するので、
さまざまな組み合わせのコンボやデッキができると思います。

 

そして今回チラ見せするカードたちはコチラ!

01 08 1213   21 24 3135  3843

明日のカード紹介もお楽しみに!

 

アイスを食べ過ぎてお腹を壊さないよう!
広報担当七輪でした!

 

——-

更新状況やイベント参加情報をお知らせする
幻想鏡現詩公式ツイッターアカウントはコチラです!
ぜひぜひフォローしてくださいね!

https://twitter.com/kyougenshi_

——-

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

w

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。